毛周期の部位による違い

毛周期というのは、個人差が大きく、部位によっても違います。部位によって差が大きく違うので、各部位の毛周期をよく調べた上で脱毛していかなくてはなりません。各部位の毛周期をよく見極めることで、はじめて永久脱毛を実現することができるのです。毛周期は、体の部位によって変わり、成長期に入った毛だけが、脱毛効果の対象になります。同じ時期に始めたのに、脱毛の進み具合が違うのは、成長期や休止期などの期間が、部位によって異なるからです。毛周期が長い部位ほど、脱毛期間が長くなります。たとえば、ビキニラインなどがそうです。脱毛サロンで脱毛する場合、各部位の毛周期に合わせて回数を重ねていきます。腕や脚、ワキなどは、7~8割程度の毛は休止期に入っていて、1回の施術で処理できるのは全体の2~3割程度です。そして休止期は各部位によって差があり、脱毛を完了するには1年以上かかることがあります。施術間隔は長い方が1回の施術で得られる効果は高いのですが、個人差もあるので、各部位の毛周期のこともよく考えて、施術間隔や回数を決める必要があります。