妊娠中の脱毛施術について

妊娠中の脱毛施術は、受けられないので注意しなければなりません。基本的に、脱毛施術は、胎児には影響がないのですが、脱毛時の痛みで陣痛を誘発する恐れがあるので、脱毛はできないことになっています。痛みによる刺激やストレスは、母体に良くありません。妊娠中は、肌が刺激に敏感に反応してしまうので、痛みを伴いやすく、肌が普段よりもトラブルになりやすい時期です。痛みによって、妊娠中、子宮が収縮して流産や早産などを引き起こす可能性もあります。妊娠中は、急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいなどを伴うことがあるので、施術箇所に関係なく脱毛はできません。たとえ、妊娠後期になって安定してきた場合でも、脱毛の際、ベッドに寝そべるだけで母体には大きな負担が掛かります。長時間同じ体勢でいると、気分が悪くなったりします。妊娠中は、生理中と同じように、女性ホルモンの量が大きく変わってくるので、毛が薄くなったり濃くなったりします。毛の成長が不安定なので、この時期に施術をしても効果はあまり期待できません。施術を受けるなら、ちゃんと効果が得られる時期に受けるべきです。